2010年01月31日

ロシア、第5世代ジェット戦闘機の試験飛行に成功



【1月30日 AFP】ロシアの航空機メーカースホイは29日

ロシア東部コムソモリスク・ナ・アムーレで、開発中の第5世代

ジェット戦闘機「スホイPAK FA」初の試験飛行を行った。

 スホイは、47分間の飛行で機体の全システムをテスト

試験飛行は成功したと発表した。この航空機が公開されたのは

初めて。これまではロシア国営テレビも想像図しか伝えていなかった。

 試験飛行を終えたパイロットのセルゲイ・ボグダン氏は

飛行の全過程で同機は良好な性能を示し、操縦も容易で

快適だったと語った。



第5世代戦闘機

 インタファクス通信によると、スホイPAK FAは長時間の

超音速飛行が可能で、同時に複数の目標を攻撃でき、短い滑走路で

離着陸できる。敵のレーダーに捉えられにくい上、衛星と僚機からの

情報を総合して活用するという現代戦に必須の能力も備えている。

 開発にはロシアと軍事面で関係が深いインドも参加している。

インドはロシアと知的財産権について取り決めを結んだ上で

複座型のスホイPAK FAを開発する予定だ。

 第5世代ジェット戦闘機は米国がF35ライトニングII開発中で

中国も開発に取り組んでいるが、現在のところ実用化しているのは

米国のF22ラプターだけだ。



軍装備の刷新に前進か

 ロシア軍旧ソ連時代の装備が多く、老朽化した航空機などの

事故も多発している。スホイPAK FAの初飛行の成功は

装備の刷新を進めているロシア軍にとって大きな前進だ。

 ウラジーミル・プーチン首相は同機の初飛行を称賛し

2013年に配備を始め、2015年から量産すると述べた。

 元ロシア空軍司令官のアナトリー・コルヌコフ氏は

「この航空機が必要なことは確かだ。わが国Su27MiG29

優秀な戦闘機だが、就役から20年以上が過ぎており、そろそろ

後継機種があってもよい頃だ」と語る。また「私はF22に

乗ったこともあるが、新型機がF22に劣ることはないだろう」という

 一方、リベラルな論調で知られるロシア紙独立新聞

試作機は従来からあるエンジンを積んだ試作機にすぎず

今後どのような武器を積むのかも分からないとして慎重な見方を

示した。(c)AFP/Stuart Williams


周辺諸国が軍備を整備している中
日本はどうするつもりなんでしょうね
そろそろ独自に開発する時期では!?
まぁ既に遅い気もしますが




posted by 菊 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「援助交際しないか」と偽1万円札、男逮捕

1月31日12時1分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000365-yom-soci

 福岡県警小倉北署は31日、女性との交際の代金に偽の1万円札

3枚を使おうとしたとして、北九州市小倉南区富士見

会社員義経信一容疑者(33)を偽造通貨行使未遂容疑で逮捕した

と発表した。

 発表によると、義経容疑者は30日午後5時頃、同市小倉北区

浅野2のコンビニエンスストア前で、通りがかった女性(20)に

援助交際をしないか」と声をかけ、偽の1万円札3枚を

渡そうとした疑い。女性は紙幣の色が薄いことに気付き

知人の男性に連絡。男性の110番を受けて駆けつけた同署員が

付近にいた義経容疑者を逮捕した。

 近くに止めてあった義経容疑者の乗用車の中からは

ほかに偽1万円札が10枚見つかった。

偽札はいずれも透かしがなく、一目で偽物と分かる精度のもの

だったという。「自分でコピーして作った」と供述しており

同署は通貨偽造容疑でも追及する。


最近のコピ―機は性能が良いので通貨偽造をする輩が
増えているみたいですが、通貨偽造の罪、意外と重いので
止めましょうね
まぁ軽い重たいで話をする問題でもないですけどね




posted by 菊 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<公立高校授業料>滞納8億円 6県170人が出席停止 

1月31日10時13分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000008-mai-soci

都道府県立高校の授業料滞納の累積総額が08年度、全国で

計7億9000万円にのぼり、滞納を理由に出席停止処分を受けた

高校生が6県で約170人いたことが、毎日新聞の調査で分かった。

文部科学省は全国の高校中退者数を理由別に公表しているが滞納総額や処分件数は未把握。国が導入予定の高校無償化を前に

貧困が学業に及ぼす影響の実態が明らかになった。

 全国の都道府県教育委員会に授業料滞納の状況や対応などを

聞いた。08年度に滞納した生徒は8294人。

累積総額(時効分を除く)は07年度の約6億9000万円から

1年間で約1億円増えていた。出席停止は、沖縄県133人

▽宮城県16人▽静岡県13人▽広島県6人。

「数人程度」(滋賀県、熊本県)の回答もあった。

 滞納による退学処分者は、大阪府納期ごとの延べ数の集計として

917人と回答。府教委は「(実数は)正確には分からないが

600人以上。本人の意思に反する処分はない。退学処分になれば

滞納額の支払いがなくなるため、生徒側が処分を望むケースもある」

としている。

 ほかは宮城県10人、広島県4人。大半は「学ぶ機会を

保証するため退学処分は控えている」などとしてゼロと回答したが

「処分は学校長の権限。退学者(4381人)に占める処分者の

割合は分からない」(東京都)という自治体もあった。

大阪府の担当者は「他の県がどう対応しているかは分からないが

(大阪では)滞納が多く処分せざるを得ない」としている。

 「経済的理由だけでは退学処分にできずゼロとしたが退学処分者

(約700人)の中には経済的理由を抱える生徒もいる」(沖縄県)

という回答や、「(納付まで)卒業証書を預かったり回収する」

(愛知県、佐賀県)という県もあった。

 「滞納者ゼロ」は8県で、京都府は「減免制度で本当に

苦しい家庭は授業料を免除されている」としている。

 文科省によると、私立高校では08年度、経済的理由による

中退者1123人のうち、授業料滞納者は694人。国は4月から

公立高校は授業料を無償化し、私立高校生には世帯の年収に応じて

相当額を助成する方針。【佐々木雅彦、北川仁士】


貧困が原因で泣く泣く退学する子供には支援すべきだと思いますが
民主党が導入を予定している誰でも高校無償化は反対です




posted by 菊 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。